…………………………………………………………………………………………………………………………………
  真珠について       
   ・真珠の種類         ・真珠の評価ポイント
   ・真珠のお手入れ保管について ・本物とイミテーションの見分け方
…………………………………………………………………………………………………………………………………

◇あこや真珠
 日本で生息しているあこや貝を母貝とし、四季のあ
 る日本の豊かな海で育てられた真珠です。
 寒暖差のある水温の影響で、真珠の中でも最も透
   明感があり、キメが美しいといわれています。
 貝が小さく大粒のものが採れないため、10㎜サイ
   ズを超えると、特に希少価値が高くなります。

◇黒蝶真珠(黒真珠)
 暖かい海に生息する黒蝶貝を母貝とし、主にタヒチ
 で養殖されています。淡いグレーから漆黒までを
 ベースに、グリーン、レッド、ブルー、ブラウン
   など様々な色味を帯びたものがあり、なかでも
  「ピーコックグリーン」と呼ばれる、クジャクの
   羽根のように、深いグリーンに赤系の反射のある色
   目をしたものは評価が高くなります。

◇白蝶真珠(南洋真珠)
 オーストラリアやインドネシアなど、暖かい南洋
   で白蝶貝を母貝とし養殖されています。
 オーストラリア産に多いシルバー系と、インドネシ
 ア産に多いといわれるゴールド系の2系統がありま
 す。白蝶貝は最大で体調30㎝にも及ぶため、
 20㎜に近い大粒の真珠が採れることもあります。
 暖かい海で育つため、真珠層の成長が速く、巻き
 が厚いのが特徴です。

◇マベ真珠
 奄美大島でマベ貝を母貝とし、養殖されている半
 球状の真珠です。
 その最大の魅力は独特の美しい虹色の光沢にある
 といえます。
 涙型やハート型のものも作られており、平たいも
 のよりも山の高いほうが評価が上がります。

◇淡水真珠
 淡水産のイケチョウガイから採れるものが大部分
 で形はほとんど米粒状か小豆状ですが、スティッ
 クやクロスなど変わった形状のものもあります。
 日本では琵琶湖や霞ケ浦で養殖されていますが、
 最近は中国から多く輸入されています。
 パープル、オレンジ、ホワイトの3色を基本に淡
 いものから濃いものまでさまざまな表情を楽しめ
 ます。

◇ケシパール
 核のない真珠の総称で、養殖真珠の副産物として採
 取されます。
 母貝に入った砂粒や虫等の異物に真珠層が巻いてで
 きたもので、希少性があります。

このページのトップへ