………………………………………………………………………………………………………………………………
  真珠について       

   ・真珠の種類         ・真珠の評価ポイント
   ・真珠のお手入れ保管について ・本物とイミテーションの見分け方
…………………………………………………………………………………………………………………………………

◇大きさ
  他の要素の評価が同じである場合、珠が大きくなるほど希少で価値が高くなります。

◇形
  一般的に、真円に近いものほど評価が高くなりますが、ドロップやバロックと呼ばれる変形真珠も
  個性的な美しさが珍重され、高い評価がつけられる場合があります。

◇色
  ボディーカラー(実体色)は個々の嗜好があり、単純には評価できません。好みの色、似合う色を選ぶ
  とよいでしょう。
  光の干渉による干渉色は、美しい虹色の光沢(主にピンクやグリーンが多い)が出ているほど品質が高
  く価値も高くなります。

◇テリ(光沢)
  真珠の良し悪しを判断する大切な要素の一つです。テリはきめの細かな真珠層が巻いた結果生まれま
  す。自分の顔がはっきり映るほどテリがよいといわれます。テリのよい真珠は美しい干渉色をともない
  ます。

◇巻き
  核を取り巻く真珠層の厚さのことで、年月をかけて育てた巻きのよい珠(厚くて重なり状態が緻密な
  珠)ほど、長く美しさを保ちます。

◇キズ
  真珠は生きた貝が生み出すものですので、無キズの珠はほとんどありません。
  キズはその大きさ、数、位置などにより評価が違ってきますが、それほど目立つものでなければあまり
  気にし過ぎないほうがよいでしょう。

◇調和性
  ネックレス等、複数の真珠を使ったジュエリーではひとつひとつの真珠の価値の高さに加え、全体とし
  ての品質や色、大きさの調和も大切な評価のポイントとなります。

このページのトップへ