「真珠養殖発祥の地」英虞湾は、1946年(昭和21年)に戦後初の国立公園として指定されました。




沿岸部は複雑に入り組んだリアス式海岸で、 英虞湾・五ヶ所湾など深い入江と大小多数の島々が繊細で優美な景観を見せています。
自然の造った美しさと、真珠の養殖筏、サザエやアワビなどをとる海女の姿、伊勢神宮など悠久の歴史を有する人文的景観など、人間が創った歴史文化の融合した景観が見られます。




他の宝石のように研磨やカットの必要のない真珠は「世界最古の宝石」と呼ばれています。日本の豊かな海で養殖され、細やかな手間で美しい真珠が誕生します。








養殖真珠の誕生


1888年(明治21年)頃~

      英虞湾で御木本幸吉、小川小太郎により、真珠を育む アコヤ貝の増殖が始まる。

1893年(明治26年)
鳥羽の相島で半球形の殻付真珠の生産に成功。

1907年(明治40年)
  見瀬辰平、西川藤吉らが真円真珠の養殖方法の特許を申請、現在の真珠養殖の基本的な技術が確立される。
      
   
「丸い真珠」の生産が本格化


  志摩で生まれ育った養殖技術は、現在ではさまざまな国と地域に伝播し、各地の産業発展に寄与しています。


志摩市阿児町賢島 眞圓眞珠發明者頌徳碑
貝の体内に核を入れる施術作業

毎月10月22日、志摩市阿児町賢島の円山公園では、全国から真珠養殖や流通にかかわる人々が集まり、真珠を生み出すために命を落とした真珠貝の供養祭が執り行われています。
真珠は真珠貝の体内でつくられる宝石ですが、真珠を取り出すことで貝はその命を終えることになります。真珠の美しさの影に真珠貝の命があることを忘れてはいけません

真珠貝供養塔


このページのトップへ